【青山】扇谷孝太郎ロルフィング(R)に学ぶ、「骨盤開放~強さと柔軟性のための5つのルール~(Part2)」

TOKYOYOGA青山さん主催による新連続講座のご案内です。

今回のテーマは「骨盤の解放」です。

「骨盤が大事って言うけれど、どういうこと?」
「練習を続けているのに股関節がなかなか柔らかくならないのはなぜ?」
「ヨガで身体を鍛えているのに日常生活で腰に不安を感じる」

そんな風に思ったことはありませんか?

骨盤は柔軟性のカナメであると同時に、体幹のパワーの源でもあります。

この講座では、骨盤の柔軟性と強さを引き出すためのポイントを以下の5つに整理し、一人一人がより実践的な骨盤の使い方を身につけることを目指します。

(1)呼吸…全ての動きの核となる呼吸が正しくできているか?
(2)関節/筋肉…本来の位置で正しい方向に向けて順序良く動かせるか?
(3)筋膜…全身をつなげて感じられるか?
(4)知覚…身体の内側と外側を感じる意識のバランスはとてれいるか?
(5)重さ…緊張をほどいて重力に身体をゆだねられるか?

2期目となる今期は、骨盤の骨と深層の筋肉の動きを整えるとともに、とくに腕、肩、首がどのように骨盤の動きとつながっているのかを学びます。

「肩が固いと股関節もやわらかなくならない」ということばの意味が実感できるでしょう。

また、ヨガやピラティスのインストラクターの方々にとっては、タッチを介したスムーズな動きの誘導の練習にもなります。

★ 前期の内容の復習もしますので、今期からのご参加でも大丈夫です。

» 続きを読む

|

【鎌倉】9/13WS受付状況

9/27時点の受付状況です。

» 続きを読む

|

【鎌倉】柔軟性&セルフケアWS(10月)

鎌倉定期ワークショップのお知らせです。

《扇谷よりメッセージ》

このところ股関節とか骨盤の話しが続きましたが、10月のテーマはちょっと目先を変えて「脱力~からだゆらしの研究その1~」です。

「からだゆらし」というのは、野口体操で有名な故・野口三千三さんが、故・竹内敏晴さんと演劇研究所の講師をされていたときに、参加者のカラダが固まっているのをほどくために考案した、二人一組で行うエクササイズです。演劇研究所解散後も、竹内さんが独自にアレンジして、ワークショップの定番的エクササイズとして使っていました。

全身の力を抜いて、ゆらゆらと揺らされるままになれるかどうか。自分の隠れた緊張に気づくとともに、触れることの意味、力とは何か、脱力とは何か、ということが見えてきます。

今回は、からだゆらしをロルフィング的な解剖学と、知覚探求を通して、改めて見つめ直してみたいと思います。

からだを通して「存在」とか「自分」とか、秋らしく哲学的なことを考えるきっかけにもなるでしょう。

みなさまのご参加をお待ちしています。

» 続きを読む

|

【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(10月)

~『ロルフィング(R)に学ぶバランス&柔軟性ワークショップ』~

ロルフィング(R)(=Rolfing(R) Structural  Integration)は姿勢や動きを重力に調和させ、より効率的な動作と楽なからだを手に入れるための技術です。本来、ロルフィングの施術はマンツー マンで行われますが、このワークショップで  は、そのエッセンスを使ったムーブメントエクササイズをご紹介します。身体の仕組みへの理解を深めながら、バランスと柔軟性を向上させていきます。

◆以下のような方にオススメします。

・O脚/X脚を改善したい
・膝に負担をかけないプリエがしたい
・股関節を開きたい
・カマ足を治したい
・お尻や太もものシェイプを美しくしたい
・肩を柔らかくしたい
・腰に負担をかけずにきれいに反りたい
・首から肩のラインをきれいにしたい
・身体の中心軸を作りたい       …など

《扇谷よりメッセージ》

10月のテーマは、前回の「股関節のパワーを引き出す」のパート2です。復習もしますので、今回からのご参加でも大丈夫です。

股関節のパワーを引き出すためには、まずは胸郭をしっかり使った呼吸の仕方を身につけて、体幹部を安定させる必要があります。

また脚から骨盤への力の伝達をスムーズに行うには、仙骨のポジションに対する意識を高めることが有効です。

ここまでが前回の復習です。そして、

これらのことを踏まえた上で、さらに股関節のパワーを発揮する際の肩/腕との連携による大臀筋・中殿筋の活性化や、骨盤底/深層外旋六筋などの使い方を学んでいきましょう。

柔軟性だけでなく、しっかりカラダをささえることも股関節の役割です。そのための感覚を引き出すとともに、エクササイズを通して筋肉を鍛えていきましょう。

ダンサーだけでなく、すべての分野の人にお役に立つでしょう。

みなさまのご参加をお待ちしています。

» 続きを読む

|

お知らせメール(2016年8月&9月号)を配信しました。

扇谷孝太郎のワークショップ情報を、月1回配信しております。

「2016年9月&10月号」を、9/24(土)22時に配信いたしました。

» 続きを読む

|

【鎌倉】9/13WS受付状況

9/12時点の受付状況です。

» 続きを読む

|

【横浜:ヨガフェスタ】ロルフィング(R)に学ぶ~股関節は肩甲骨の夢を見るか?~

5万人が集うアジア最大級のヨガの祭典「ヨガフェスタ横浜」で、今年もクラスを担当させていただくことになりました。

皆様お誘いあわせの上、お気軽にお越しくださいませ。

【テーマ】 肩甲骨の使い方

【レッスン内容】

柔軟性、安定性、パワー、スピード。

股関節の能力をフルに発揮するための秘訣は肩甲骨の使い方にあります。

わたしたちの身体には遠い祖先から受け継いだ4足歩行の仕組みが眠っています。

一緒にこの肩甲骨と股関節のパワフルな連動を目覚めさせましょう!

» 続きを読む

|

【鎌倉】柔軟性&セルフケアWS(9月)

鎌倉定期ワークショップのお知らせです。

《扇谷よりメッセージ》

9月テーマは「股関節の柔軟性を高める筋トレ」です。

表面上は同じ動きのように見えても、意識の仕方によって、全然違う筋肉が鍛えられるとしたらどうでしょうか?

筋肉同士の連動には背側系と腹側系があります。
このことを理解して鍛えるかどうかで関節の柔軟性が変わってきます。

たとえば、ジムなどでマシンを使って筋トレをすると、筋肉は大きくなるけれども身体の柔軟性は低下するということがあります。

背側系のスイッチを入れるべきところで、腹側系のスイッチを入れてしまっていたり、またはその逆だったりしているのです。

つまり意識の向け方に問題があると言えます。


今回はスクワットなどの実践的なエクササイズを通して、股関節周辺を鍛えながら柔軟性を向上させていくためのノウハウをご紹介したいと思います。

肩こりや腰痛を予防するための基礎的なコンディショニングを行いたい方、ダンス、武術、ヨガなどのパフォーマンスを向上させたい方にオススメです。

皆様のご参加をお待ちしています。

» 続きを読む

|

【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(9月)

~『ロルフィング(R)に学ぶバランス&柔軟性ワークショップ』~

ロルフィング(R)(=Rolfing(R) Structural  Integration)は姿勢や動きを重力に調和させ、より効率的な動作と楽なからだを手に入れるための技術です。本来、ロルフィングの施術はマンツー マンで行われますが、このワークショップで  は、そのエッセンスを使ったムーブメントエクササイズをご紹介します。身体の仕組みへの理解を深めながら、バランスと柔軟性を向上させていきます。

◆以下のような方にオススメします。

・O脚/X脚を改善したい
・膝に負担をかけないプリエがしたい
・股関節を開きたい
・カマ足を治したい
・お尻や太もものシェイプを美しくしたい
・肩を柔らかくしたい
・腰に負担をかけずにきれいに反りたい
・首から肩のラインをきれいにしたい
・身体の中心軸を作りたい       …など

《扇谷よりメッセージ》

9月のテーマは「股関節のパワーを引き出す」です。

前回の復習をしつつ、新しいエクササイズを交えてさらにパワーアップしていきましょう。

股関節のパワーは、姿勢の変化に合わせてバランスをとるときの安定性と、大きく脚を動かすときの可動性の両面で必要になります。

その主役は大殿筋や中殿筋です。ただ、この主役たちが活躍するためにはそれを支える脇役たちの働きが欠かせません。それはより深部にあって関節の安定性を高めてくれる筋肉たちです。

脇役がサボらないように目を覚まさせるだけでなく、主役と脇役が息を合わせて動けるように練習しなければなりません。

主役と脇役がうまく一緒に動けるようになると、しっかりしていながら柔軟な股関節へと生まれ変わります。

このことは、バレエに限らず、立つ、歩くなどの日常動作や、疲れにくく見た目にも良い姿勢の維持、という面でも重要です。

ダンサーだけでなく、より元気に動けるカラダを作りたい方々にオススメです。

みなさまのご参加をお待ちしています。

» 続きを読む

|

お知らせメール(2016年8月&9月号)を配信しました。

扇谷孝太郎のワークショップ情報を、月1回配信しております。

「2016年8月&9月号」を、8/27(土)13時に配信いたしました。

» 続きを読む

|

«【五反田】ロルフィング(R)に学ぶ~基礎から身体を変えるための呼吸レッスン~