« 【報告】 柔軟性開発講座 2008年7~9月期 第1回 | トップページ | 【報告】 ヨガに役立つロルフィング講座 2008年7~9月期 第2回 »

【報告】 ヨガに役立つロルフィング講座 2008年7~9月期 第1回

この講座は、ロルフィングのベーシック10シリーズの内容を踏まえ、からだの仕組みへの理解を深めつつ、ムーブメント(セルフ/ペア)を使ってからだのバランスを変えるお手伝いをしていくことが目標です。

<内容の覚え書き>
・ロルフィング/ロルフムーブメントとは何か?
・セッション1について
・筋膜(結合組織)とは?
・呼吸運動の解剖学…下部僧帽筋~横隔膜~大腰筋のつながり
・呼吸運動と肩関節の解放について
・ムーブメント…1mmストレッチ(肩)

そんなわけで、ロルフィングの成り立ち、目的などについていつもより熱心に解説しました。さらに、10シリーズのセッション1の主要なテーマである「呼 吸」について、その動きの解剖学的な解説をしました。勢いがついてしまい、かなりマニアックな内容になってしまいましたが、熱心に聞き入ってくださった参 加者の皆さんに感謝しています。

その後、1mmストレッチで肩周辺を解放すると、呼吸が深くなることを体験していただきました。そして、お互いに長くなった腕を見て2度ビックリ。自分のからだを信じて、任せていけば、からだは勝手に調整をしてくれるということを感じていただけたと思います。

次回は、引き続きセッション1の後半、股関節と呼吸のつながりに注目します。

|

« 【報告】 柔軟性開発講座 2008年7~9月期 第1回 | トップページ | 【報告】 ヨガに役立つロルフィング講座 2008年7~9月期 第2回 »

Tokyo-Yogaカルチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【報告】 ヨガに役立つロルフィング講座 2008年7~9月期 第1回:

« 【報告】 柔軟性開発講座 2008年7~9月期 第1回 | トップページ | 【報告】 ヨガに役立つロルフィング講座 2008年7~9月期 第2回 »