« 【報告】 ヨガに役立つロルフィング講座 2008年7~9月期 第1回 | トップページ | 【報告】 柔軟性開発講座 2008年7~9月期 第2回 »

【報告】 ヨガに役立つロルフィング講座 2008年7~9月期 第2回

今回もセッション1をテーマに、前回の復習で肩の1mmストレッチをした後、股関節の仕組みを概観し、セミスパインを使って股関節の緊張を解放しました。立ち上がってみると、みなさん呼吸が深くなり、足の裏が床にしっかりついて立てるようになっていました。足のバランスの左右差がなくなった方もいらっしゃいました。

<内容の覚え書き>
・呼吸運動と股関節
・「花も石、石も花」
・ムーブメント…1mmストレッチ(肩)
・ムーブメント…セミスパイン(股関節&脚の解放)
・ペアワーク…3ロードシスのイールド、大転子のイールド

次に2人ペアになって、背骨と大転子のyielding(能動的脱力)に挑戦!
わたしが自分のロルフィングのスタイルを変えるきっかけになった野口晴哉氏のことばの一部をご紹介しました。相手のからだを硬いモノだと思ってふれれば、相手はそれに応えて硬くなります。逆に柔らかく息づくからだにふれると思ってふれれば、相手のからだはそれに応えて柔らかくなります。

ワークをする側と受ける側のからだが響きあっていることを体験していただければ…と思ったのですが、「自分の背中を意識して空間の広がりを感じたとたん、相手の身体がゆるんだ」「自分が息を深くしたら、相手も息が深くなった」など、予想以上にそのことを実感していただけたようで嬉しかったです。

ワークを受けた方々は、セルフムーブメントのときより、さらに深いリラックスを感じられたようでした。しっかりグランディングしていながら、背筋がすっと伸びて、表情がゆるんで目がぱっちり。「世界の見え方が違う」というコメントが印象的でした。

残念ながら、時間切れでペアを入れ替わることができずに終わりましたが、次回必ずやりますので、後半の方々はお楽しみに!

|

« 【報告】 ヨガに役立つロルフィング講座 2008年7~9月期 第1回 | トップページ | 【報告】 柔軟性開発講座 2008年7~9月期 第2回 »

Tokyo-Yogaカルチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【報告】 ヨガに役立つロルフィング講座 2008年7~9月期 第2回:

« 【報告】 ヨガに役立つロルフィング講座 2008年7~9月期 第1回 | トップページ | 【報告】 柔軟性開発講座 2008年7~9月期 第2回 »