中目黒

【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(4月)

Hana Balletさん主催のダンサー向け定期ロルフィングワークショップです。

【テーマ】
首と肩のコントロールと柔軟性

【内容】
前回の首と喉のコントロールのつづきです。しなやかなカラダになりたいのに、トレーニングをするとムキムキしてしまう人。バレエをすると太ももが太くなってしまいがちな人。それは首や肩のコントロールに問題があります。

前回の内容を復習しつつ、首や肩のコントロールが全身の柔軟性にどのような影響を与えているのかを学んでいきましょう。

続きを読む "【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(4月)"

|

【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(1月)

Hana Balletさん主催のダンサー向け定期ロルフィングワークショップです。

【テーマ】
首とのど

【内容】
首の意識は全身の動きをコントロールする上でとても重要です。とくに柔軟性とパワーやスピードを両立させたいならば、首の使い方に注意する必要があります。今回はその構造を学ぶとともに、エクササイズをとおして首のバランスを改善します。

続きを読む "【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(1月)"

|

【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(12月)

Hana Balletさん主催のダンサー向け定期ロルフィングワークショップです。

【テーマ】
開脚前屈のコツ パート3

【内容】
アームス(腕のうごき)からの連動をつかって、開脚に必要な足の深層筋をストレッチする方法をご紹介します。

続きを読む "【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(12月)"

|

【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(11月)

Hana Balletさん主催のダンサー向け定期ロルフィングワークショップです。

【テーマ】
開脚前屈のコツ パート2

【内容】
開脚前屈に必要な体幹のコントロールに加えて、脚の筋肉や関節のコントロールを学びます。
力で無理に伸ばすのではなく、自然に関節が伸びてくるストレッチをご紹介します。

続きを読む "【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(11月)"

|

【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(10月)

Hana Balletさん主催のダンサー向け定期ロルフィングワークショップです。

【テーマ】
開脚前屈と内臓のストレッチ

【内容】
リクエストにお応えして、開脚前屈のコツをご紹介します。とくに今回は内臓との関係性に注目して、体幹や股間節の柔軟性を引き出していきましょう。内臓の配置は左右非対称なので、そのことが開脚の左右差の原因になっていることもあり、内臓を意識したストレッチは左右差解消にも役立ちます。

続きを読む "【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(10月)"

|

【中目黒】カラダが進化する解剖学講座~あなたの動きが確実に変わる最強の学び~

来年1月から始まる入魂の連続講座のお知らせです。Hana Balletさん主催です。

【テーマ】 全身の基礎的な解剖学と、それを活かしたより良い動き方を学ぶ

【内容】
いつものワークショップとは異なり、筋骨格系を中心に全身の解剖学の基礎を学びつつ、より良い動きを生み出すためのポイントを体系的にご紹介します。座学と触察、実習(エクササイズ)で構成します。

ここでご紹介するロルフィング(R)の考え方をベースに、より良い動きのための「法則」=五感と筋肉、骨格、内臓のハーモニーを学ぶ解剖学です。ボディバランスの改善、さらにその先の動きの進化へとアプローチしていきます。

五感、筋肉、骨格、内臓がお互いにどのように連動して動くのか?動きの法則を知ることできっと新しい発見があります。指導者の方は専門性を高めるチャンスです!

[法則1]筋肉はお互いにどのように連動するのか?
[法則2]骨と骨の間で起こる自然な動きの連鎖とは?
[法則3]五感と動きの関係とは?

続きを読む "【中目黒】カラダが進化する解剖学講座~あなたの動きが確実に変わる最強の学び~"

|

【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(9月)

Hana Balletさん主催のダンサー向け定期ロルフィングワークショップです。

【テーマ】
足裏から見る足首とヒザ下のねじれ その4

【内容】
7月につづき、O脚やX脚など、ヒザ下のねじれを改善するための足の整え方をご紹介します。これまでよりも、もう一段階深いレベルで筋肉同士のつながりに働きかけていきます。「その1~3」の復習も行います。

続きを読む "【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(9月)"

|

【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(7月)

Hana Balletさん主催のダンサー向け定期ロルフィングワークショップです。

【テーマ】
足裏から見る足首とヒザ下のねじれ その3

【内容】
6月につづき、O脚やX脚など、ヒザ下のねじれを改善するための足の整え方をご紹介します。これまでよりも、もう一段階深いレベルで筋肉同士のつながりに働きかけていきます。「その2」の復習も行います。

続きを読む "【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(7月)"

|

【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(6月)

~『ロルフィング(R)に学ぶバランス&柔軟性ワークショップ』~

ロルフィング(R)(=Rolfing(R) Structural  Integration)は姿勢や動きを重力に調和させ、より効率的な動作と楽なからだを手に入れるための技術です。本来、ロルフィングの施術はマンツー マンで行われますが、このワークショップで  は、そのエッセンスを使ったムーブメントエクササイズをご紹介します。身体の仕組みへの理解を深めながら、バランスと柔軟性を向上させていきます。

◆以下のような方にオススメします。

・O脚/X脚を改善したい
・膝に負担をかけないプリエがしたい
・股関節を開きたい
・カマ足を治したい
・お尻や太もものシェイプを美しくしたい
・肩を柔らかくしたい
・腰に負担をかけずにきれいに反りたい
・首から肩のラインをきれいにしたい
・身体の中心軸を作りたい       …など

《扇谷よりメッセージ》

5月の講座はお休みだったので、1ヶ月開きました。
6月のテーマは4月にひきつづき、「足裏から見る足首とヒザ下のねじれ(その2)」です。

4月の講座では足の拇指と人差指の使い方を変えることで、足首~膝のラインが整うことを体験していただきました。

そのことも含めて、今回は足裏から股関節までのつながりを改善していきましょう。

まず、前脛骨筋のつっぱりをゆるめることと、そのために足指を動かす足裏の小さな筋肉をしっかり使うこと。そして、脚の深層筋で関節を安定させていきます。

このつなげ方を意識してプリエを練習するだけで、ぐっと脚のラインが引き締まってくるのが感じられるでしょう。O脚やX脚のような膝下のねじれを直すには、必須の調整です。

前回同様、バレエダンサーはもちろん、ヨガや武術などで自分自身や生徒さんの足の状態を改善したい方にオススメです。

みなさまのご参加をお待ちしています。

続きを読む "【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(6月)"

|

【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(4月)

~『ロルフィング(R)に学ぶバランス&柔軟性ワークショップ』~

ロルフィング(R)(=Rolfing(R) Structural  Integration)は姿勢や動きを重力に調和させ、より効率的な動作と楽なからだを手に入れるための技術です。本来、ロルフィングの施術はマンツー マンで行われますが、このワークショップで  は、そのエッセンスを使ったムーブメントエクササイズをご紹介します。身体の仕組みへの理解を深めながら、バランスと柔軟性を向上させていきます。

◆以下のような方にオススメします。

・O脚/X脚を改善したい
・膝に負担をかけないプリエがしたい
・股関節を開きたい
・カマ足を治したい
・お尻や太もものシェイプを美しくしたい
・肩を柔らかくしたい
・腰に負担をかけずにきれいに反りたい
・首から肩のラインをきれいにしたい
・身体の中心軸を作りたい       …など

《扇谷よりメッセージ》

3月の講座は「ひねる動き&反る動き」についての探求の第二弾でした。
胸郭と骨盤をつなぐ腹筋群の働きを細かく見ていくことで、体幹をひねる動きや反る動きが大きく向上するのを体験しました。これらの動きが深くなることで、強く安定した股関節の状態や、コアのスペースがリフトされるのも感じることができました。

どんどん身体が軽くなっていく様子が、みなさんの歩くときの足音に表れていました。最初はドンドンと床を叩いていたのが、次第に柔らかな音へと変わっていきましたね。

さて、4月のテーマは、「足裏から見る足首とヒザ下のねじれ」です。バレエダンサーにとってヒザ下のラインはとても気になるところですね。

無理なアンディオールの結果、足の裏のアーチ(土踏まずを含めて3つあります)がつぶれてしまうと、足首から上の脛骨や腓骨は本来の位置を保つことができなくなります。しだいに斜めになり、回旋して、O脚やX脚になってしまいます。

このメカニズムと調整方法は、これまでにも何度も取り上げてきましたが、最近、もっともっと詳しく知りたいというお声をいただくようになりました。そこで今回は、より深いレベルで足の形を見ていくためのノウハウをご紹介します。

また、足裏の筋肉の状態と膝のねじれは完全にリンクしていますので、あわせてヒザの動きも学んでいきましょう。
このテーマも何回かかけてじっくり進めていきたいと思います。

バレエダンサーはもちろん、ヨガや武術などで自分自身や生徒さんの足の状態を改善したい方にオススメです。
みなさまのご参加をお待ちしています。

続きを読む "【中目黒】バレエダンサーのためのロルフィングワークショップ(4月)"

|

より以前の記事一覧